アフォプリ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

しょごす消滅inET

コート用のケミのホムが死亡した状態でET登頂中。79Fで、ケミのPCにAIエラー窓が連発して出続け、出現ポイントに74FのMOBのひとつダークイリュージョンが発生。しばらくエラー窓をエンターし続けると、エラーが出なくなり、79Fの見えてるすべてのMOBを倒しても、敵カウントが1残る。

カウント1たりないまま、探してもMOBはもちろんいない。ケミのコールホムはスキルそのものが出ない。ケミのリザホムは詠唱は出るがスキル使用失敗の表示がでる。

ホム連れてMAP読み込むと、ホムにMOBの使う領域からIDが割り振られるというのは、ホム実装からの問題点だと聞いてます。またETはWPくぐってはMOBを発生させるので、通常のMAPでの狩よりもバグ発生の可能性が高いとも考えられます。

進行不可能になったところで、メンバーが調べてくれたところ、俺の把握してる限りでは「原因不明」だったこの現象、「ホムが死亡していると起こる?」と原因の一部が明らかにされていたそうです。死亡させたままだったからなのか!!
ちゃんと情報収集してれば伏せげたのだと思うと、申し訳ない限りですね。コルホムのまま通過しないようにしても意味なかったのかー

ホムもちのケミクリエで、ETにいく人、死んだホムは「リザホム」「安息」させてからWPくぐるように気をつけましょう!!!!!!!

そしてせっかくいい火力といい人数が集まってたのに、ヒバム前に進行不可能にさせてしまってごめんなさい。またメンツ揃う好機を待つことに………

以下、じわじわと思いだしたしょごすの日記

ケミのホムに興味をもったのは、実装からだいぶ後だったと思う。某鎧の人が連れてる大きなお魚が、超おいしそうな新鮮な刺身に見えるというか、これ可愛いね!!!というわけで、ホム作ってみようと思いケミ作成。
AIがlunaで制御できると知って、知らず知らずのうちにだんだんのめりこんでいく…

最初は別に、進化させてお魚になったらいいやくらいの感覚だったと思う。
それが、公式の野良AIがあまりにRO的ルールを無視、配布されている有志作AIは作者の考えだろうけど使わない機能や、万人向け判定のため無駄に長い処理、かゆい所に手がとどかない制御となんでみんなこれで満足できるの!状態。
なら、自分でカスタマイズするしかないねと思い、ホムAIの使う定数処理的なものを片っ端に調べてみた。あとはそれを自分で組み合わせる。

まずは重さ。ホムAIの反応速度は実はものすごく速い。PCについてくるだけのプロの町の中でそんな頻繁にAI走らせたら重いのは当たり前だろうというわけで、ノンアク時はケミのクリック速度に合わせてだらだらした移動パケを送るだけにする。即沸きMOBを食うときは、MOBID検索×見つけるまで→FA!のパケを最速で送るけど、FA以外は移動+攻撃を画面で見て調整する。このあたりは実際に動かしてみて何秒に何回、どのパケを送るのか決める感じ。

次は行動。たとえば、よく言われるFWやアンクルにかかった敵を攻撃しない。人間が画面を見てそれらの敵を攻撃しないのは、FWやアンクルのオブジェクトが見えてるから。これをホムのAIで判断するには、送られてるどのデータを判別すればいいのか。?????
そんな難しいこと考えなくても、とりあえず、アンクルは一定時間動いてないMOBを保留させるでよいね。他人がトレイン中のMOBは、キーピングしても手を出さない、その判定と同じだ。FWに関しては画面外から遠距離攻撃されてるMOBと同じ。2PC使って実際にやってみては、ホムのAIの制御が正しく働くかチェック。
この、いかに人間の操作と同様に動くかという部分を作っていくのがAI作成の基本だと思う。MOBの何セル以内に近づくとか、離れるとか、ためこまないようにどうするかとか。PCが目で見て判断してる要素を、現象に分解してプログラムで構築する、この作業にものすごくハマってた。最終的にもう直す余地がなくなったら、とたんに飽きたんですよね。ひどい話だ!でも、AIが満足いく風に完成した頃には、ホムがLv97とかなってたので、光るお魚まではがんばった。

ホムがオーラになってからは満足してしまって、もう何もしてなかったですね。ホムだけでなくケミにExp入るので、ケミも95くらいだった気はしますがっ。ケミのレベルとか全く覚えてないしなー

AIの改善といえば、利便性の改善もある。たとえばアクティブMOBのタゲをとりたいとき、殴りにいくのではなく反応するセルまでホムが近寄って相手のセルがホムの周囲2セル以内に切り替わったら反撃する。これはでも、横殴り対策としては競合相手がいるとホム自身がよく横殴りされるという現象があるので、改良。
結局、MOBを追ってくる他人が横取りしたときのために、画面内に他PCのIDがあるときは、ホムまたはケミが殴られてから反撃がデフォになった。画面内に他PCがいないときはMOBの反応範囲に近寄ってそのMOBがこっちに来たら先制してしまってOKだと思う。
なお、ホムAIで見ると他PCのIDというのは筒抜けなので、すべてファイルに出力させておくことは可能。クロークしてようがハイドしてようがそこにPCがいるという情報は丸見え。ホム出してプロ歩けば露店のIDが集まってしまうわけだが、これってそういう仕様なの……

ROのファイルを他のアプリで用いてはならないの適応範囲が問題か。たとえば「ROクライアントを用いてPCが作ったファイルを、他のアプリケーションで使ってはならない」だと、SSの加工もできなくなってしまう。自然に考えるとROクライアントに必要なファイルすべてを転用してはならないだと思うんだけど…。そうなると、自分で書いたAIが出力させたPCIDファイルを、自作アプリで常時見やすい形に表示してクライアントの横に並べるのは白なのか黒なのかとっ。ただのファイルリーダーだからROがなくても動くしな!?
GVなんてPCが血眼になるようなMAPもあるんだし、パケットリーダーを自作しなくても簡単に使えるホムのハイド透過性は著しく問題だと思っていた当時。実際はそうでもなかったんだろうか。

補助ファイル類
CR補佐。リンクMOBが集まってきたとき、ケミの左のセルの上下からケミの左のセルを2セルオーバーで通り抜ける。左が侵入不可であればケミの上下からケミの上下に移動。で、MOBがリンクであるかどうか、MOBの残りHPがどのくらいであるか、もしくは遠距離MOBであるかといった判定は、別途MOBのデータが必要。俺の場合は狩場ごとに狩定義をファイル分けしてたので、MAPごと狩ファイル内部にMOBのデータも書きこんでた。配布AIは汎用性のために外部MOB定義ファイルを用意するのが普通ぽいような。

座標関係は侵入不可セルを判定することができないので、よく行くMAPであれば、付近の侵入不可セルを一部は手動判定でスタック回避させる。AIでやろうとすると、動作が失敗するとストップさせるという安全弁を入れるのだが、俺はプログラムが重くなるのが嫌いなので、あらかじめ付近の侵入不可or可能セルをMAPデータで読ませてた。
というか、基本、画面は見てるので、MAPデータのないMAPでも、自分のAIでスタックしてる部分は見ればわかるというものある。強制移動させれば解決するから不要ともいう。

ケミスキル使用。一時期使用可能であったケミスキル。共闘ボルトとケミorホムのHP低下時自動PPなど。スキルIDで指定すればいずれも可能。テレポートは、画面にあらわれるえんたーキーが押せないので、テレポ窓を出すまで可能という感じ。斜線は無視なので、共闘ボルトをとるときは距離と、斜線の両方を判断させるべきなんだろうけど、面倒なので…。共闘ケミスキルは1度しか使わない設定にしておけば、入ろうが失敗しようがおかまいなし。いつ打つかはケミがタゲをとっても全く問題がないので、AIから、FAOK!な判定がついたらホムのFAより1コマ後でいれる。1コマって0.1s~0.2sくらいだったかなぁ。もう忘れたけど…。たいていはケミのほうが先に詠唱反応で引き寄せてた。ホムはHPが減少したらケミの付近まで退避してくるようにできてたのでホムへのPPで斜線が通らないことはない。PPはディレイ以上には連射しないように設定。具体的な間隔はやってみて決めてたかと。なお、ハイドクロークCRは、俺はAIからは未使用。使わない機能を入れると重くなるの法則でぽいっ。

最近ETでホム出すのに、久し振りすぎて旧PC内にしかない自作AIをいまさら書き直すのも面倒だし~と、配布AI使ってみてたり。さすがに、よりよいAI構築が競争状態だった頃と違って、配布AIの性能がものすごくよくなってる!もうこれでいいや、みたいな。

なんて感じで、当時の「思った通りにホムを動かす」わくわく感をすっかり忘れてたのですが・・・
しょごす消失させて、はじめて、なんか超鮮やかに記憶がよみがえってきたり。走馬灯っていうよねっ
まるでBOTだとか、放置で狩できるとか、ホムAI関係は常に論争の的だった時代だったよね。
お馬鹿なしょごすが変なことするたびに、AIとにらめっこして、思うように動かせたときの達成感、上手い改良を思いついたときのプログラム作成の情熱。まだ誰も思いついてない処理を、プログラムに書き起こせたら、うちのしょごすは世界一賢いホムなんだと親ばかそのもので喜んでたりねっ

ロストさせちゃったら、もう一度育てればいいかと軽く思ったあと、未知数だったAI作成にハマった当時があったからこそ、何時間いや、何100時間にも及ぶホム狩と称したAIテストが可能だったんだと気づいた。自分の無知で消滅させたホムがどんなに自分の情熱の集大成であったかを思い出したわけで…
2007/04/12のアフォプリ日記よりしょごすの進化


ほんと、馬鹿なことしちゃったね!
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shoh.blog12.fc2.com/tb.php/1199-f9930843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

RSS

カテゴリ

プロフィール

宵

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RO便利リンク

このブログをリンクに追加する

HW陳列棚

最近のコメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。